日本ディー・エル・エム 認知症予防教材を販売 手指先の功緻性向上も - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 日本ディー・エル・エム 認知症予防教材を販売 手指先の功緻性向上も

日本ディー・エル・エム 認知症予防教材を販売 手指先の功緻性向上も

2009年06月16日13時11分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年6月5日号)

日本ディー・エル・エム(東京都千代田区)では、さまざまな介護施設用什器や訓練・療法教材などを販売している。
 スポーツ感覚で遊べて楽しめる訓練・療法教材は、手指先の巧緻性向上や集中力の向上など認知症予防に役立つ「モザイクボードセット」や、「ダルマ落とし」、「風船バレーボール」など豊富に用意されている。
 モザイクボードセットは、パターンカードの下に敷き、そのデザインに従ってビーズを差し込むというもの。
手指先・目と手の協応訓練に効果がある。
 内容は、ボード1枚に、パターンカード12枚、ビーズ4色計300個となる。
 大型ダルマ落としや風船バレーボールは、楽しみながらグループで介護予防できる商品。
 風船バレーボールは高さが2段階に調整できる。高さ120cmは、公認の風船バレー競技規則に合った高さで、正式な競技用としても使用できる。支柱のベース部分は重みがあり、倒れにくい構造になっており、風船をボールの代わりに使用することで、誰でも簡単にプレイできる。また、ネットの色も背景の色と区別しやすいように青色を使用している。

PRエリア