チェーム・ケア・コーポレーション 開設前に入居申込で満床に 京都で介護付ホーム開設 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > チェーム・ケア・コーポレーション 開設前に入居申込で満床に 京都で介護付ホーム開設

チェーム・ケア・コーポレーション 開設前に入居申込で満床に 京都で介護付ホーム開設

2009年11月26日10時37分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年11月5日号)

 
 チェーム・ケア・コーポレーション(大阪市)は10月20日、同社が京都で始めて手掛けた介護付有料老人ホームの竣工式を開催。
運営を11月1日に開始した。入居希望者からの問い合わせが多く、10月3日、4日に行った内覧会の時点で全64室が申込者で満室の人気ぶり。待機者も出ているという。
 施設名称は「チャームスイート京都桂浜」。同社では10ヵ所目の有料老人ホーム。建物は3階建て、JR京都線桂川駅から徒歩8分の立地だ。
 入居者は原則、要介護者に限定。看護師が24時間常駐し、協力医療機関(京都武田病院)との連携を密にするなど、医療面のサポートの充実を図る。
 あいさつで下村隆彦社長は「当社としては京都での初めての開設。これまで同様、『介護専業』や『お客様第一主義』を徹底した結果、入居申込者で満床の状態となり、予想以上の反響を得ることができた」と語った。
 料金プランは家賃毎月払いと家賃一部前払いの3パターン。
家賃前払いの場合、入居一時金はなく、月額が23万4000円から。家賃前払いは入居一時金が240万円と480万円の2プラン。
月額は前者が19万4000円から、後者が15万4000円から。
 竣工式では施工を手掛けた高松建設の西出雅弘取締役専務が謝辞を、融資を担当した三菱東京UFJ銀行九条支社の松浦徹支社長が祝辞を述べた。ホーム長のあいさつやスタッフの紹介も行われた。

PRエリア