業界フォーカス 先進的取組 健康・医療相談も 水回り応急対応 24時間無休で - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 業界フォーカス 先進的取組 健康・医療相談も 水回り応急対応 24時間無休で

業界フォーカス 先進的取組 健康・医療相談も 水回り応急対応 24時間無休で

2009年06月23日16時30分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年6月15日号)


工務店・リフォーム事業者を組織化する、住環境ネットワーク情報センター(東京都千代田区)がこのほど水回りの応急対応、医療相談などの24時間サービスを開始した。サービスの内容、販売戦略をレポートする。

アクサ子会社と提携

住環境ネットワーク情報センター(東京都千代田区)は2009年6月1日から水回りの応急対応やカギ開けなどの24時間サービスを全国で開始した。
アクサグループ子会社と業務提携し、戸建住宅から集合住宅までサービスを提供。少ロットでも対応する。要望に応じて医療相談サービスも付加する。
 名称は「24時間アシスタンス・サービス」。顧客(エンドユーザー)がサービスデスクのフリーダイヤルへ連絡後、スタッフが水回り・カギ開け・ガラスなど最寄りの業者を手配。24時間年中無休で対応する。
 トイレの詰まり除去、給排水管・蛇口の水漏れなどの水回り、カギ開け、窓ガラスの破損などの応急修理を行う「ホーム・アシスタント」をメインに対応。詰まりの除去や応急止水、カギの解除など30分以内にの軽作業を目安に無料でサービス提供する。
高圧洗浄シャワートイレや各種部品代は有料。
 利用者が登録電話番号から通知する場合、オペレーターの受付パソコン画面に名前、住所が表示されるため、希望するサービスを伝えるだけで迅速に対応できる。
 提携先はアクサグループ子会社で国内大手損害保険会社などが株主の「インターパートナー・アシスタンス・ジャパン」(東京都中央区)。損保・生保、自動車販売会社、クレジット会社などの顧客を対象に、コールセンターのオペレーション業務で実績がある。
 「国内最大手のアシスタンスサービス専門運営会社と提携したことで、低コスト、高品質、全国対応、少ロット対応などの特色を出せた」(内堀孝史会長)。
 その他、健康・医療相談、法律相談などのサービスを組み合わせて利用することができる。夜間や休日に対応できる担当医を紹介するとともに、緊急時の医療相談、簡単な健康相談を24時間体制で看護師が無料で対応する。
 営業展開に際し、工務店、ビルダー向けには建材店、FC本部、賃貸管理会社、保証会社などを販売代理店として組織化。
賃貸管理会社、工務店など、エンドユーザー(入居者)向けサービスを手がける様々な企業での活用を提案する。
 利用料金は販売店への提供価格で1000円(1年、1戸当たり、ホームアシスタンスのみの場合)。
建材店が取引工務店などに新築物件対象の営業を行う場合、5年で1戸当たり1万円(販売店の粗利6000円)。
賃貸物件入居者向けの有償サービスの場合、2年で1戸当たり7300円(1日10円、不動産会社粗利は5400円)。
 「低コストのため、顧客に対する無償サービス化を図るなど自由な料金体系を設定できる」(内堀会長)。
 現在、住宅FC本部、家賃保証会社、福利厚生サービス会社、社宅管理代行会社、不動産情報ポータルサイト運営会社などへの採用を働きかけている。
初年度で1万件の利用者獲得が目標。将来的には全国4000万円世帯の1%程度の利用を見込む。

PRエリア