業界トピックス メディア・コンプレックス「よしもと笑うシニア.com」 施設イベントに芸能人派遣 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 業界トピックス メディア・コンプレックス「よしもと笑うシニア.com」 施設イベントに芸能人派遣

業界トピックス メディア・コンプレックス「よしもと笑うシニア.com」 施設イベントに芸能人派遣

2009年07月06日12時54分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年6月25日号)

フェイスグループと吉本興業グループの合弁会社であるメディア・コンプレックス(大阪市淀川区)では、シニア向けお笑い動画サイト「よしもと笑うシニア.com」を運営している。
 同社では、”お笑いで豊かなシニアライフを”をテーマに「よしもと笑うシニア.com」を2006年11月にオープン。
吉本興業所属タレントが出演する多数の無料動画などのコンテンツ提供を受け展開している。
 同サイトでは、漫才・落語・コントなど、吉本興業が有する豊富なお笑い動画コンテンツと、シニア世代に向けた”笑いと健康”に関する記事コンテンツなどを提供。
 お笑い動画では、大木こだまひびき、タカアンドトシ、笑い飯、麒麟、FUJIWARA、ケンドーコバヤシ、品川庄司、陣内智則、たむらけんじ、Wヤング、チャンバラトリオ、チュートリアル、ティーアップ、トータルテンボス、友近、博多華丸・大吉、林家染丸、フットボールアワー、矢野・兵動、ワイズ新喜劇など、シニアを含む幅広い年齢層から支持を集める人気タレントのお笑いライブ映像を公開中で、200本以上の動画を順次配信予定だという。
 また、シニア向け広告・マーケティング事業では、シニア向け商品・サービスを使う企業に対し、同サイトをベースにした広告、マーケティング支援サービスを提供。吉本興業所属のタレントを起用したプロモーション動画や記事コンテンツを制作し、同サイト内でインフォマーシャル広告として掲載。
コンテンツと連動させたアンケートなどによる、マーケティングデータの収集も可能で、サイト以外でも利用できる販促ツールとして、企業の自社サイトやダイレクトマーケティングでも活用できるような動画や冊子が制作可能だ。
 さらに施設の行事やイベントの開催に際して吉本興業所属のタレントを派遣している。
 昨今、ブロードバンド環境の普及に伴い、インターネット動画の視聴者数は大きく増加しているという。

PRエリア