徳永装器研究所 徘徊センサーを販売 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

徳永装器研究所 徘徊センサーを販売

2009年07月08日10時17分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年6月25日号)

 ベッドの横に置いてマットを踏むと通報する「徘徊センサー踏むナール」や、マットレスの下に置いて起き上がると通報する
「徘徊センサーおきナール」などの緊急通報システムの販売に注力しているのが、徳永装器研究所(大分県宇佐市)だ。
 「ふるナール」は、対象者がマットを踏むと介護者に通報する仕組み。
ベッド周りや部屋の出口にも使用可能で、移設も容易にできる。また、万が一、水がかかっても大丈夫な防水構造を採用している。
 「おきナール」は、ベッドの上で起き上がったことを検地して、離れた場所の介護者に通知する仕組みだ。

PRエリア