OMG 新ビジネスWatch 介護予防デイFCを全国展開 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > OMG 新ビジネスWatch 介護予防デイFCを全国展開

OMG 新ビジネスWatch 介護予防デイFCを全国展開

2009年07月24日13時23分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年7月5日号)

 全国100店舗以上のリラクゼーションサロンと介護施設を運営するOMG(東京都豊島区)では、新たな業態として”機能訓練の運動プログラム”に特化したデイサービス施設と、健康・学び・コミュニティをコンセプトにしたフィットネスクラブ「健康カレッジ50(50歳以上限定)」という2つの機能を持つ「GENKI NEXT」を全国FC展開している。
 新規施設出展や既存業態のコンバージョン出店、オリジナルプログラムの販売なども視野に入れ展開する。
 「GENKI NEXT」は、介護予防と自立への改善を目的とし、軽度要介護者や要支援を利用主体とした、介護予防通所介護・通所介護のデイサービス施設。
機能訓練運動プログラムに特化させるため、リハビリ・コンディショニングに精通するフィジオセンターの理学療法士と共同開発・監修を受けることにより、オリジナル介護予防運動プログラム「スリング・ソーラン体操」を開発。
特殊なスリングロープを使用することで関節への負担を軽減させ、さらに音楽や掛け声、グループ運動の楽しさを提供している。
 さらに、フィットネスのノウハウと人材を軸とした、筋力トレーニングやバランス体操、ストレッチ体操など豊富なプログラムバリエーションを備え、同社の最大の強みである「リラクゼーション」の施術サービスを提供することで、カラダとココロへのトータルなアプローチを図る。
 日本初となる50歳以上限定のフィットネス「健康カレッジ」では、単に運動するだけでなく、同世代の志向性の近い世代の人に対して、学ぶというエッセンスを組み込んでいる。
 特に団塊世代を中心とした、新たな健康コミュニティ空間を提供している。プログラムは、メタボリック症候群の予防・改善カレッジとして、運動と栄養の側面からの三か月短期教室や、介護でも使用するスリング機器のスリングエクササイズなどを用意しているほか、
ゴルフなど体幹部を重要視するスポーツのパフォーマンス向上を目的とした教室、50歳から始める空手、フラダンスなどと言った多彩なメニューを提供している。
 2008年11月には群馬県伊勢崎にFC1号店となる「「GENKI NEXT伊勢崎店」をオープン。
今後は、関東圏を中心に全国展開。3年で100店舗の出店を目指す。

PRエリア