ベルソフトウェア ADL加味 住宅改修計画簡単に - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

ベルソフトウェア ADL加味 住宅改修計画簡単に

2009年07月26日14時31分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年7月5日号)

 建築のプロでなくても、簡単に高齢者のADL(日常生活動作)を加味した住宅改修設計プランが出来るのがベルソフトウェア(東京都渋谷区)の「ADL支援ソフト/住環境アセスメント」だ。
 同ソフトは、在宅介護支援者のために開発。手ごろな価格設定(税込5万2290円)と使いやすさが人気だ。
 「”住環境設備に必要な調査図面・相談図面・説明図面・施行図面などを簡単に作成できるソフトが欲しい”という理学療法士や作業療法士、社会福祉士やケアマネージャーなどの声を反映して開発したのが当ソフトです」(ベルソフトウェア、佐々木社長)
 また、オプションとして用意しているテンプレート集には、設備用品・福祉用具・住宅改修用品・生活用品・人型動作モデル・建具など、カテゴリー別に約600点の部品を収録しているのも魅力だ。
 間取り図作成は、6畳や2畳など部屋を組み合わせてスケッチ感覚で間取りが描け、扉や窓などの建具は、種類別アイコンから選び、
壁上に配置する。トイレや浴槽・コタツなどの機器や部品も配置するだけだ。
 写真の貼り付けもでき、デジタルカメラで撮影した写真データや、メーカーカタログなどスキャナーで読み込んだデータを、自由な大きさ、自由な場所に貼り付けられる。
 トイレや玄関などの手すり取り付け基準範囲やスロープ勾配、車椅子回転範囲を表示するので、改修前に確認ができるのも評判を呼んでいる。

PRエリア