老健に学習療法導入 全員が授業に参加、在宅復帰促進 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

老健に学習療法導入 全員が授業に参加、在宅復帰促進

2009年07月30日11時11分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年7月15日号)

ピュア・サポートグループ

 「おとなの学校本校」はくもん学習療法を取り入れた介護老人保健施設。くもん式の国語、算数のほか、体育、音楽、社会、家庭科などの科目を30分単位でほぼ全員の入居者がこなす。
 老健を開設したの県4番目の平成元年。平成9年に90床から120床に増床するとともに、老健内で認知症専門棟の運営を開始した。
 次第に入居者の要介護度は上がっていき、運営面で機能不全に陥っていったという。
 「いろいろ考えている頃、東北大学医学部の川島隆太教授の講演を聞く機会があり、『これだ』との思いから施設で学習療法を実践してみようと思った」(小山敬子代表)。
 まず高齢者住宅の一部で学習療法を導入。高齢者の「顔つきが変わる、元気になる、目がいきいきしてくる」といった効果を上げることに成功。
 その後、通所介護でも目覚しい成果を上げたため、老健でも平成18年に採用することになった。名称も博寿園からおとなの学校に変更した。

施設全体をやる気に

 おとなの学校に足を踏み入れると、入口すぐのところで授業を受けていく高齢者の姿が目に付く。真剣なまなざしで読み書きを行っている。「敢えて人目につきやすい場所で授業を行うことで、高齢者のやる気を引き出す効果を狙った。見学者など出入りも多いため、高齢者には大きな刺激になっているよう」(小山代表)。
 入所は入学、退所は卒業と呼び学校の運営方式にならう。入居者は生徒、スタッフは先生という立場になる。それぞれ制服も用意される。1日の流れは朝礼から始まり、点呼、ラジオ体操、校歌斉唱などを行う。
各授業時間は集中力を維持できるよう30分単位と短めに設定。
休憩時間は長めに設け水分補給や排せつなどの時間に充てている。1日の締めくくりとして日記の時間も設ける。入居者の状態に合わせ1日、半日、重介護などのコースを用意する。
 ケアプランに基づき、入学から3ヵ月後に成果発表会を行い、そこで通知表を手渡す。
その時点で本人の状態が良くなり意向に沿えば卒業式を迎えることになる。
 仲間や家族の前で作品や実技を披露することで、喜びを実感してもらえたと思う。家族も本人が元気になった姿を見て、私たちの取り組みを少しずつ理解してくれるようになった」(小山代表)。
 またスタッフのやる気を高める効果ももたらした。学校形式にすると授業時間を休み時間が生まれメリハリが出来るため、授業時間は入居者がトイレに行く時間が減り、スタッフの仕事もしやすくなったという。
 「高齢者が元気になれば、スタッフも元気になり、スタッフがやる気を出せば高齢者もやる気を出すという、施設全体が意欲の情報スパイラルを生み出すことに成功した」(小山代表)。
 毎月10~20名ほどが卒業(退所)する。退所先は自宅やグループで運営する住宅系事業所。現在の入所平均期間は200日前後。
以前は300日以上、入居者によっては400日というケースもあったという。
 同法人ではさらに入所期間を短くし在宅復帰を促す。
 「平均要介護度は3.25。4や5の方もいるため、なかなか退所できないケースもあるが、基本は入学から3ヶ月の卒業・在宅復帰を目指している」(介護部責任者、種子永聡氏)。

シニアハウス考案

 同法人がスムーズな在宅復帰を実現するために考え出した仕組みが「シニアリハウスシステム」だ。
 「『若いうちは家は広いほうがいいが、年を取ったら広い家はむしろ不便』『高齢になると病院の近くが良い』などの心身の状況によって住居の住みやすさは変わってくる」(小山代表)。
 シニアリハウスでは、病院、老健を中心にケアハウス、有料老人ホーム、高齢者優良賃貸住宅、小規模多機能型居宅介護など入居者の状態に合わせた住まいやサービスの提供が可能。
 シニアリハウスで大きな役割を果たすのが「ホスピケアホームファイン」。文字通り長期介護や看取りを行える環境を整えた賃貸住宅だ。平成19年に開設した。
 1フロア9室の2階建て。各戸に酸素吸入、吸引器用の配線を設備。見守りがしやすいようリビングを囲む形で部屋が配置されている。
エレベータはストレッチャーが入る大きめのサイズに設計。
浴室は個浴とリフト浴を完備している。ケアスタッフは24時間常駐。病院、老健と隣接した場所にあるため、急変にも即財に対応できる。
 「はっぴぃはうす」は1階が小規模多機能型居宅介護、2階が住宅型有料老人ホーム10室。軽度の要介護入居者が訪問介護や通所介護サービスを受けている。小規模多機能利用者は外部からがメインだ。
 そのほか熊本市の指定文化財の庭園があるケアハウスや高優賃、特養、訪問看護、介護、通所介護、配食サービス、母子福祉センターなどを車で10分圏内の場所に10拠点以上展開している。

PRエリア