シンテン 2009年8月よりFC全国展開 広島で加盟1号店オープン - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > シンテン 2009年8月よりFC全国展開 広島で加盟1号店オープン

シンテン 2009年8月よりFC全国展開 広島で加盟1号店オープン

2009年08月04日13時52分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年7月15日号)

 シンテン(東京都荒川区)では、「高齢者や乳幼児に安全と安心を」をテーマに、屋内施設の安全点検・診断サービス「シンテン」のフランチャイズ事業を2009年8月より全国展開する。
 まずは、2009年8月下旬よりサービスを開始する一号店「シンテン広島」を皮切りに、順次「シンテン」サービスを全国へと拡大していくという。「当FCの”屋内施設点検・診断サービス・システム”は、屋外遊具の点検・診断を手掛けてきた遊具診断(東京都豊島区)が、
遊具診断事業で培った独自のノウハウを活用し、新たに開発したものです。
弊社はこの「シンテン」事業を行うために設立した新会社です。病院や介護施設から、学校、幼・保育園、一般家屋やマンション、さまざまな公共施設と商業施設まで、あらゆる屋内施設の保守点検から修繕までをトータルなサービス・システムとして提供します」(シンテン、高田也人社長氏)
 少子高齢化が社会問題になっている昨今、高齢者のためのさまざまな基準が行政により定められ、民間においてもバリアフリーなどさまざまな取り組みが、充分とは言えないまでも、徐々になされてきた。
 一方、高齢者や子ども目線での安全対策というのは、各家庭・施設に委ねられ、統一規準がないというのが現状だ。
 こうした中、同社では、これまで遊具診断で蓄積してきた点検・診断ノウハウや独自の技術開発力などを駆使して、あらゆる屋内施設の点検・診断サービスという、革新的でユニークなサービスの提供を行う。

PRエリア