さくら介護グループ 複合型高専賃FC 2010年、北九州で開設 広島では直営で展開 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > さくら介護グループ 複合型高専賃FC 2010年、北九州で開設 広島では直営で展開

さくら介護グループ 複合型高専賃FC 2010年、北九州で開設 広島では直営で展開

2009年08月03日01時03分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年7月15日号)

 訪問介護など全国に171の介護事業所をフランチャイズ(FC)展開する、さくら介護グループ(広島市)は2010年、同社初となるFC高齢者専用賃貸住宅「さくらコンフォート」(仮称)を、北九州市内に開設する。
また同年広島市内にも高専賃開設予定があり、こちらの物件は直営で運営していく。
 同社が予定する高専賃は、いずれも約50戸規模。1階にデイサービス事業所、訪問介護事業所、居宅介護事業所を設置する。
 さくら介護グループでは、整骨院や旅館などの異業種などへ、相乗効果を図った「介護事業」を提案し、FC事業所数を拡大してきた。
毎月の集計・請求業務などは、すべて本部で行い、FC店を支援している。
 今後は高専賃FCの本格展開を考えており、2010年以降で実践を積んでいく考えだ。

PRエリア