ニチイ 2棟目の高専賃来春開業 2010年1月に東京・昭島で38戸 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > ニチイ 2棟目の高専賃来春開業 2010年1月に東京・昭島で38戸

ニチイ 2棟目の高専賃来春開業 2010年1月に東京・昭島で38戸

2009年08月14日13時06分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年7月25日号)

 ニチイ学館子会社のニチイリビング(東京都千代田区)が運営する高専賃「アイリスガーデン昭島」が2010年1月末東京都昭島市にオープンする。
ニチイグループの高専賃としては、2008年5月の「アイリスガーデン松戸稔台」以来、2棟目となる。

自立高齢者が主要ターゲット

 「アイリスガーデン昭島」は、JR・西武線拝島駅より徒歩8分。
 総戸数は38戸で、広さ45.37平米の1LDKタイプが中心となる。月額賃料は1LDKタイプで13万9000円から。
管理費は3万9000円、基本サービス費が2万6250円。
 また入居時には敷金・礼金・契約事務手数料として合計賃料の5カ月分が必要となる。
サービスとしては、フロントサービス(9時~22時)のほか、緊急通報・安否確認、健康管理・相談、介護相談を基本サービスとして提供していく。
 また、別途費用を支払えば、掃除や洗濯、買物代行、理容・美容などの「アイリス快適サービス」や食事(昼食・夕食)サービスが受けられる。
 介護サービスについては、1階に併設させた「ニチイケアセンター拝島」にて対応が可能。要介護度があがり、常時見守りが必要となった場合はグループ会社で運営する介護付有料老人ホームへの入居も可能となっている。
 ニチイグループでは、高専賃を「在宅サービスの手前の存在」と位置付けている。
比較的元気な高齢者を対象に、これまでの介護事業で培ったインフラやノウハウを使って、介護以前の生活支援サービスを提供する、というのが高専賃のスタイルだ。
1棟目の「松戸稔台」でも1番狭い居室でも27平米を確保するなど自立者向けに住まい、といての性格を打ち出している。
 なお2010年5月には3棟目が開業する予定だ。


参考リンク:ニチイ学館 後発医薬品の導入効果調査 医療機関に向けサービス開始
      :高専賃運営事業者が業界団体設立、発起人代表は橋本氏
      :ニチイ 長野県塩尻市にグループホーム開設
      :決算情報 ニチイ学館
      :オープン情報 ニチイ学館

PRエリア