大型案件多い生活科学運営~介護施設・高齢者住宅運営居室数ランキング~ - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 大型案件多い生活科学運営~介護施設・高齢者住宅運営居室数ランキング~

大型案件多い生活科学運営~介護施設・高齢者住宅運営居室数ランキング~

2009年09月09日16時21分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年8月5日号)

 生活科学運営(東京都新宿区)も2009年3月10日に、筆頭株主だった不動産ファンド事業のパシフィックホールディングス(東京都千代田区)が1636億円の負債を抱えて倒産したにもかかわらず、2009年7月1日オープンの「ライフ&シニアハウス千里中央(大阪府豊中市・94室)」などで、2008年より6棟300室以上増加させた。
 同社の場合には、独立行政法人都市再生機構(神奈川県横浜市)などと連携しての大規模な高齢者住宅の開発案件が多い、という点が特徴といえる。
また、「ライフ&シニアハウス市川(千葉県市川市・79室)」のように開設は手がけたものの、実際の運営は社会福祉法人生活クラブ(千葉県市川市)に委託する、というケースも見られた。
 アントケアホールディングス(東京都中央区)は、2009年2月に120室の大型介護付有料老人ホーム「はぴね神戸学園都市」を神戸市に開設した。
総投資額は50億円で、同社では最大の投資案件になるという。運営は事業会社のひとつであるケア・リンクが行う。


参考リンク:【全国トップ11位~20位】 介護施設・高齢者住宅 運営居室数ランキング
      :【全国トップ141位~150位】 介護施設・高齢者住宅 運営居室数ランキング
 

PRエリア