トピックス アリセプト 認知症治療剤で世界初 内服ゼリー剤販売へ - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > トピックス アリセプト 認知症治療剤で世界初 内服ゼリー剤販売へ

トピックス アリセプト 認知症治療剤で世界初 内服ゼリー剤販売へ

2009年09月16日11時22分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年8月5日号)

 日本で唯一の保険が適応される、アルツハイマー型認知症の治療薬「アリセプト」。
成分名は「塩酸ドネペジル」で、根治薬ではないが、症状の進行を遅らせる画期的な新薬として多くの患者に使用されている。
この「アリセプト」を販売している製薬会社、エーザイ(東京都文京区)は2009年7月22日、は、「アリセプト」の新しい剤形となる内服ゼリー剤の製造販売承認を取得した。嚥下障害のある患者でも服用しやすいタイプとなり、アルツハイマー型認知症治療剤では世界で初めての剤形だ。
 アルツハイマー型認知症患者の中には、嚥下障害のため錠剤や細粒剤などの固形物の飲み込みが困難な人や、水分が気管内に流入しやすい人も少なくない。
 内服ゼリー剤は、ほどよい甘さの「はちみつレモン風味」。
舌でつぶすことが出来る適度な硬さと粘性があり、水なしで服用できる。


参考リンク:医療面の研究前進、事業者も各種取り組み 認知症予防・改善 最新レポート

PRエリア