東日本福祉経営サービス 新潟から首都圏に進出  - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

東日本福祉経営サービス 新潟から首都圏に進出 

2009年09月21日12時17分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年8月5日号)

 9棟442室運営
<創業は大正4年という老舗建設会社、五十嵐建設工業。新潟都市圏域の土木工事や賃貸マンションなどの建築で実績を積む一方、2002年に介護会社を設立、介護事業を積極展開している>

 2004年に第一号施設を開設してます

 「新潟市内に、デイサービスセンター併設の介護付有料老人ホーム「ハートフルケア新通」(48室)を開設しました。
JR越後線「新潟大学駅」より徒歩12分の場所で、構造は地上4階建て。入居申込金10万円を含む入居一時金は100万円に設定した施設です。」

 その後グループホームや居宅介護支援事業所、適合高齢者専用賃貸住宅(適合高専賃)と次々に展開。首都圏進出も果たしました。

 「現在施設系ではグループで9棟442室を運営しています。『ハートフルケア』と『ル・レーヴ』のブランドで、介護付き有料老人ホームを5棟、『リーシェ』ブランドで適合高専賃3棟、グループホーム『おやの家』を1棟開設しています。」
「東京オフィスは2005年に設置しました。地元・越後を代表する武将、上杉謙信ではないですが、関東進出は今後当社を大きくしていく上では重要だと考え、首都圏での展開を進めています。
現在、千葉県千葉市と埼玉県さいたま市に、有料老人ホームを開設しています。さいたまのホームは、グループ会社のメディカル・デザインが運営しています。」
「今後は着実に拡大していきたい。2012年には20棟1000室規模にする計画だ。」

「日本版CCRC」

 ホームページでも謳っていますが、御社が目指している「日本版・CCRC」とは何ですか

 「コンティニュイング・ケア・リタイアメント・コミュニティ、つまり健常者から要介護度の重い高齢者まで、安心して快適に暮らせる空間です。以前私は米国東海岸のメリーランド州、ボルチモアのシニア村を視察したことがありますが、そこで見聞きしたことが参考になっています」
「例えば破綻したゴルフ場を改修した施設でCCRCをつくるのも一つの案です。そこではリバースモゲージの活用も必要になるでしょう」

会社概要
設立:2002年10月
従業員数:約150名(グループ会社含む)
資本金:9000万円
本社:新潟県新潟市江南区亀田本町2-2-40


参考リンク:五十嵐建設工業 独自技術「両断熱鉄筋コンクリート工法」提供

PRエリア