座談会を終えて リーダーシップに期待 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

座談会を終えて リーダーシップに期待

2009年09月22日17時20分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年8月5日号)

 ここ数年有料老人ホーム業外は新規参入やM&Aが頻発し、プレイヤーや資金の出しての顔ぶれが大きく変わった。
2008年、全国に約3700ヵ所ある有料老人ホームの運営事業が他社へ譲渡・継承されたケースは実に約5%にのぼったという。
 200件足らずのホームの運営会社が変更された計算だ。
上場系介護事業者の業績も厳しい内容が多い。業界が落ち着くにはまだしばらくの時を要するかもしれない。
今回集まった企業はそれぞれに特色を持っている。不安定な業界の中でリーダーシップを発揮する活躍を望みたい。


参考リンク:民間事業者の活用に明確な理念を トップ座談会 有料老人ホームの現状と将来像

PRエリア