家庭で出来る便秘対策 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

家庭で出来る便秘対策

2008年09月11日00時25分

ソーシャルブックマーク

印刷 

1. 便秘について
個人差があります。毎日便が出ている人は、3日も出なければしんどいでしょう。でも、3~4日に一回しかでない人は、気になりません。
便秘にならない5箇条
その1 運動をする、座る
     腹圧がかかるように(便がでやすいように)
     腸の動きをよくするように
その2 繊維の多いものを食べる
     イモ類、バナナ、プラム、こんにゃく、
その3 起きてすぐ冷たい水や牛乳を飲む
     たくさんの水分を取る
その4 起きられる人には決まった時間にトイレに座るようにする
その5 「の」の字のマッサージ
     へそからのの字を書くようにマッサージすると便が
     出やすくなります
2. もし便秘になったら
もし便秘になったら、看護婦さんやお医者さんのアドバイスも役立ちます。治療法として、日常の注意として「便秘にならない5箇条」を活用する他に、いろいろな治療法があります。
1)緩下剤
  お医者さんに緩下剤(優しい便秘のお薬)
  1回目は、処方どうりに、多いようなら半分に、
  出ないようなら少しずつ、いいあんばいになるまで増やす 
2)浣腸、坐薬
  介助される方に便意があり、出そうな気がするがでないというとき
  左側をしたにして横向きになる体位(体の位置)が効果的
3)摘便
  意識がはっきりせず、
  おむつにいつも便が少しついているとき、
  肛門ところに便が見えているとき、
  腹圧がかからない時
  →役立ちます!!
やり方(摘便の方法)
  左をしたに横向きに寝てもらう
  キシロカインゼリーやオイル、軟膏を肛門と手に塗る
  口を開けて楽にしてもらい
  (できたらえびのように体を曲げるとよい)
  静かに、指をいれ便をかき出す
  肛門周辺にぬるま湯をかけて洗い、
  蒸しタオルで拭いて乾燥させる
情報提供元: JMCさん

PRエリア