さくらケア荒井信雄社長 民主党政策から介護報酬の今後を占う - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > さくらケア荒井信雄社長 民主党政策から介護報酬の今後を占う

さくらケア荒井信雄社長 民主党政策から介護報酬の今後を占う

2009年10月20日14時49分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年10月5日号)

 訪問介護事業者を主な対象としてコンサルティング事業を展開する、さくらケア(東京都世田谷区)では「民主党マニフェストから読み取れる今後の介護政策を介護報酬改定の方向を探る」と題して経営セミナーを行う。
 民主党は「介護報酬7%アップ、介護労働者賃金4万円引き上げ」「ケアマネジャー報酬引き上げ」などを公約として掲げている。
このセミナーでは「これらの製作により今後のビジネスモデルは大きく変わる」とし、労基法対策や処遇改善給付金の申請などのポイントを学ぶ。
 スケジュールは11月7日が仙台市のホテル法華倶楽部、11月14日が東京都渋谷区のフォーラム8、11月28日が大阪市の新大阪ステーションホテルアネックス
時間はいずれも13時から16時。受講料は税込3万1500円。

PRエリア