バナナ園グループ GH6ヶ所、デイ、高専賃展開 社会福祉法人設立し事業拡大 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > バナナ園グループ GH6ヶ所、デイ、高専賃展開 社会福祉法人設立し事業拡大

バナナ園グループ GH6ヶ所、デイ、高専賃展開 社会福祉法人設立し事業拡大

2009年10月27日11時17分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年10月5日号)

 株式会社アイ・ディ・エスと社会福祉法人ばなな会で形成し、介護サービスを提供するバナナ園グループ
神奈川県川崎市を地元とし、着実に地域からの信頼を高めているという。同グループのグループホーム(GH)は待機者も多いことで知られ、来春にも7棟目のGH開設計画を進めるなど、元気法人でもある。創業者2代目でもある、アイ・ディ・エスの矢野達郎・常務取締役に話しを聞いた。

 ビルメンテから介護スタート

 ユニークな法人名です


 「バナナは元気の源、”房”として実り多い植物ということもあり、イメージが良い。お陰様で、一度聞いたら覚えてもらえるようで、地域の方たちに『バナナ園さん』と親しんでもらっています。

 介護事業開始のきっかけは

 「現在『バナナ園』などのグループホームを6棟、デイサービスセンターを1ヵ所、高齢者住宅を1ヵ所展開しています。
介護事業参入は、もともとビルメンテナンス会社だったアイ・ディ・エスで福祉ボランティアをしていたことがきっかけです。介護事業は1998、グループホームからスタートしました」

 グループには社会福祉法人があります

 「それまで8年ほどNPO法人の形態で介護事業を行っていた法人を、今年3月に社会福祉法人化しました。
設立に1億円以上必要な”1種”ではなく、1000万円以上で設立可能な”2種”の社福法人です。
これまでの活動が川崎市に認められ、川崎市初の第2種・社福法人となりました」

いずれ社福へ 事業一本化

 社福法人との兼ね合いは

 「いずれ”1種”に格上げできたらと思っている社福法人ですが、今後、グループの介護事業は、全て社福法人へと集約していければと思っています。
当面は株式会社と社福法人の2本で走っていくことになりますが」

 今後の展開は

 「2010年春ごろに川崎市内で、4年ぶりとなるグループホーム開設を計画しています。
有料老人ホーム併設型のグループホームにする予定です。これまで病院改修型など、すべて改修型の事業所でしたが、今回はグループ初の新築物件になります。積極的な拡大意識はないのですが、グループホームをあと4棟ほど設立していきたいと思っています。また、現在売り上げが4億円ちょっとですが、この事業所数拡大で10億円程度に持っていきたいと思っています」



参考リンク:アイ・ディ・エス(矢野達郎常務 ばなな会理事長) 川崎市宮前区でGH開設 広めのリビング・ダイニング確保

PRエリア