中央三井信託銀行 高齢者向けリフォームローン - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

中央三井信託銀行 高齢者向けリフォームローン

2009年11月05日16時06分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年10月15日号)

【商品概要】
借入れ可能者 ・申込時および借入れ時の年齢が満60歳以上83歳以下
・自己所有宅に自ら居住している
資金の使途 自己所有宅のリフォーム資金
借入れ金額 100万円以上1500万円以下(10万円単位)とし、下記①~②のうち何れか低い金額まで
①リフォーム工事費の100%②担保評価額の50%
返済方法 利息は毎月の支払い、元本は借入れ期限日(原則借入れ人の死亡日)の一括返済
担保 担保物件に中央三井信託銀行を抵当権者とする第一順位の抵当権を設定
 中央三井信託銀行(東京都港区)は10月1日より「高齢者向けリフォームローン(元本一括返済型)」の取り扱い開始した。
 これは、自宅のバリアフリー工事や耐震改修工事などの際、必要な資金について自宅を担保に融資をする、というもの。
毎月の返済は利息のみで、元金の返済は借入れ人が死亡したときに自宅を売却して一括で行うという仕組みだ。
 利用が可能なのは、申し込み時および借入れ時の年齢が満60歳以上83歳以下の人で、自己所有の自宅所従者。
また、担保物権に中央三井信託銀行が第一位の抵当権を設定できる、という点も条件となる。
借入れ可能な金額は①リフォーム工事費の100%②担保評価額の50%のいずれが低い額で100万円以上1500万以下。

PRエリア