効果的なレク導入で入居者満足向上 他施設との差別化戦略 付加価値アップ商品研究 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 効果的なレク導入で入居者満足向上 他施設との差別化戦略 付加価値アップ商品研究

効果的なレク導入で入居者満足向上 他施設との差別化戦略 付加価値アップ商品研究

2009年11月17日16時11分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年10月15日号)

 新規参入企業や高齢者向け賃貸住宅の台頭などで入居者の選択肢の幅が広がるなか、他施設との差別化による入居者獲得には、サービスの質向上や建物設備の付加価値を高めることが必要だ。
今回は運営事業者のサポートに注力している各企業の動向にスポットを当てた。

施設サービスの付加価値向上

 他施設と差別化を図り、入居者を獲得しやすい環境を整えるためには、施設サービスの質自体の向上を図るとともに、衛生面や安全面に配慮した建物作りが必要となる。
 施設サービスの面では、入居希望者やその家族に対して、いかに自社の施設が優れているかをアピールする要素を取り入れることが大切だ。
 このような要望に対して、新たなサービスの提供を呼び掛けているのが、インターリハ(東京都北区)やグランファージ(埼玉県さいたま市)といった企業だ。
 インターリハは、効果的なカリキュラムによる運動器機能の維持・向上を月額3万円台からというローコストで導入できるパッケージプランを用意し、施設運営事業者へ新サービスの提供を呼び掛けている。
 「リハビリにおける専門集団として、大学病院(先端医療)における急性期リハ、町の総合病院(市立・民間など)での回復期リハ、町医者(開業医)での維持期リハ、そして介護保健施設における維持期・ADLリハ(転倒防止・歩行・トイレ・入浴)など、さまざまな事業者のサポートで蓄積してきたノウハウを活かして、リハビリへの新規参入企業に対して、わずか月額3万円台からという低価格でサポートしています」(インターリハ、野口常務)
 現在、導入を検討中の施設では「どの様なリハビリをしたら良い分からない」「コストパフォーマンスが悪い」「専門のスタッフがいない・雇用できない」「継続したリハビリが提供できない」といった悩みや問題点に対しての解決策として同システムの導入を検討しており、入所者の「いつまでも健康にいたい」「現状の運動機能レベルを維持(できれば向上)したい」「死ぬまで元気でいたい」といったニーズを反映することで、入居者募集の付加価値向上、入所者の満足度向上などを施設側は目指しているという。
 一方、今までレクリエーション企画や商品・サービスについての必要不可欠な情報を2万5000施設に発信しているカタログ雑誌で培ったノウハウを基に、グラファージは施設の運営コンサルを行っている。
 特に、介護予防をレクリエーションに導入する手法には定評があり、楽しみながら効果的な運動器機能向上を目指せるレクリエーションの企画に強みを持っている。
 入居促進の弊害になっている入居審査を簡便化し、早期満室経営を実現させる仕組みとして、賃貸業界では一般化している「滞納保証」に着目し、高齢者向けの機関システムを構築したのがクライマース(東京都品川区)だ。
介護業界では、まだ「滞納保証」自体の認知度は低いが、6月のサービス開始から3か月で700室の案件が決まっているという。
 「事業者は、万が一のリスクを考え入居審査の基準を厳しくしているものの、このために入居促進に苦労されています。
この入居者審査の基準をいかに緩和できるかが成約率を高め、満室経営を実現する近道となります。
当社のサービスを利用すれば、連帯保証人は不要で、万が一の滞納リスクを当社が保証します。
高齢者住宅・施設への入居希望者を対象とした専用システムとして、65歳以上の年金受給者の方を対象とし、保証加入料は入居希望者にお支払いいただいていています」(クライマース、石山社長)

安全面や衛生面に配慮

 建物設備では、衛生面と安全面への配慮が優先される。
 安全面では、エントランスなどでのスリップ事故などへの配慮が必要だ。実際、施設運営者の心配事となっており、防滑工事を希望する事業者が多いと話すのはアールズ(埼玉県朝霞市)だ。
 「当社は、家具や床などの補修工事を主力事業としていますが、介護施設の方から、エントランスなど石材系床面で発生するスリップ・転倒事故を防止したいという要望が多く、6月より防滑工事を行っています」(アールズ、小碇氏)
 衛生面では、消臭機活用による取り組みは以前から活発だったが、臭いの元自体を封じ込めるスミロン(大阪府大阪市)のオムツ処理機や、室内の美観を保ったまま施設特有の臭いの問題を解消できるルノン(東京都品川区)の壁紙など、
各メーカーの付加価値商品開発も盛んに行われている。
 介護保険導入からも間もなく10年。高齢者人口の増加とともに、シニアマーケットへの参入企業は後を絶たない。
今後の施設運営には、価格面だけではなく他施設に対して優位性を保つことが大切だ。
サービスの質向上とともに、社員のスキルアップ、付加価値設備の導入は不可欠となる。


参考リンク:【クライマース】の差別化戦略 連帯保証人不要 入居審査の簡便化可能
      :【あすかインテグレート】の差別化戦略 給与計算代行 3か月無料サポート
      :【グラファージ】の差別化戦略 介護事業者向けコンサル注力
      :【インターリハ】の差別化戦略 運動器機能の維持・回復 リハ事業開業サポート
      :【アールズ】の差別化戦略 エントランスなど転倒事故防止提案
      :【ルノン】の差別化戦略 壁紙に消臭機能付加 介護施設の導入実績増加
      :【スミロン】の差別化戦略 使用済みオムツ 臭いや菌をパック封入

PRエリア