【クライマース】の差別化戦略 連帯保証人不要 入居審査の簡便化可能 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 【クライマース】の差別化戦略 連帯保証人不要 入居審査の簡便化可能

【クライマース】の差別化戦略 連帯保証人不要 入居審査の簡便化可能

2009年11月17日11時10分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年10月15日号)



クライマース 滞納家賃保証導入のメリット
クライマース(東京都品川区)では、早期満室経営実現を目指す介護施設や高齢者向け賃貸住宅の運営事業者向けに
クライマース滞納家賃保証」を提供している。連帯保証人不要で入居者審査を簡便化でき、成約率を向上できることが魅力だ。
 ひと昔前は、賃貸借契約をする場合、入居者以外に契約の履行・契約者自身を保証する「連帯保証人」が必要で、安定的な経済的収入があり、連帯保証人としての支払い能力がある両親や親族などがなっていた。
 この「人的保証」の面倒さが弊害となり、住み替えニーズを抑える要因になっていたため、滞納保証会社による連帯保証人不要の
機関保証システム」が登場。
賃貸マーケットでは一般的なサービスとなっている。
 「従来の機関保証システムでは、65歳未満の給与所得者を対象条件としており、65歳以上の高齢者は利用できないのが実態でした。この問題を解消したのが弊社で、高齢者向け賃貸住宅・介護施設への入居希望者を対象とした専用システムとして、
65歳以上の年金受給者の方を対象としてます」(クライマース、石山社長)
 同社の滞納保証サービスのメリットは、①連帯保証人不要のため成約率向上が可能。②万一、家賃滞納が発生した場合、滞納家賃などを保証。③一時入居金や敷金・礼金など、万が一の滞納リスクを考えた入居者の経済的な負担軽減が可能。

参考リンク:効果的なレク導入で入居者満足向上 他施設との差別化戦略 付加価値アップ商品研究
      :クライマース 2009年6月より滞納家賃保証サービス開始
      :高齢者住宅・施設運営 ビジネスモデル研究 入居促進編 成約率向上に期待 連帯保証人不要の新サービス

PRエリア