【ルノン】の差別化戦略 壁紙に消臭機能付加 介護施設の導入実績増加 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 【ルノン】の差別化戦略 壁紙に消臭機能付加 介護施設の導入実績増加

【ルノン】の差別化戦略 壁紙に消臭機能付加 介護施設の導入実績増加

2009年11月19日13時24分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年10月15日号)

 ルノン(東京都品川区)では、室内インテリアで一番面積を占める壁紙に消臭機能を持たせた壁紙「空気を洗う壁紙」を2005年12月から販売。現在、1000物件以上の介護・医療関連施設などで採用されている。
 室内の気になる臭いを機器を使わずに壁紙でさりげなくケアできるのが魅力で、新たな消臭機器を買う費用やランニングコストも不要。室内インテリアの観点からも、見た目に全く違和感が無い状態を保てる。
 介護・福祉・医療関連施設では、トイレ臭やオムツの洗濯乾燥時に発生するアンモニア臭、汗の臭いなど、慢性的に室内にこもってしまう臭いの問題がある。
室内空気環境の改善には、外気を取り入れる換気が最も有効な手段だが、室温管理や人為問題などから窓の開閉が自由にできない状況もあり、設備を使った改善が必要になる。
このような事業者の悩みを解決できる商品として開発し販売しているのは同社の空気を洗う壁紙だ。
 「設備や消臭剤などは、室内の臭気を脱臭しているという意識を入所者に与えてしまうのに比べ、壁紙なら入所者が意識することもありません。
また、インテリアの美観やスペースの確保の問題も解消でき、導入に際しての機材費や設備費、メンテナンス費用などのコスト面の心配も不要です」(ルノン、丸山誠一部長)



参考リンク:効果的なレク導入で入居者満足向上 他施設との差別化戦略 付加価値アップ商品研究
             :ルノン 1000物件超で導入 ランニングコスト不要 壁紙に消臭機能を付加

PRエリア