【スミロン】の差別化戦略 使用済みオムツ 臭いや菌をパック封入 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 【スミロン】の差別化戦略 使用済みオムツ 臭いや菌をパック封入

【スミロン】の差別化戦略 使用済みオムツ 臭いや菌をパック封入

2009年11月19日13時45分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年10月15日号)

 スミロン(大阪府大阪市)では、介護施設や病院向けに、使用済みオムツの臭いや菌を封入パックで処理できるおむつ処理パック機
エコムシュウ」を販売し介護現場での悩みを解消している。
 「臭いのこもった中での食事やオムツからの菌の感染など、施設運営事業者の悩みの種となっていたのが使用済みオムツの処理です。臭いや衛生面に配慮している事業者には好評で、今まで消臭剤や換気、短時間処理、蓋付き容器などを採用し臭いを防ぐ工夫をしても臭いが漏れて困っていた事業者の方々に導入していただいています」(スミロン、クリーンケアチーム営業担当サブリーダー、向井義博氏)
 また、同社では在宅事業者の要望を反映し、自宅で介護を受けている高齢者や介助者向けの「手動式タイプ エコムシュウ」も販売している。
 交換した後のオムツの臭いや菌を、くるっと回すだけで簡単に閉じ込めることができ、在宅介護宅やデイサービス事業者が使用している。


参考リンク:効果的なレク導入で入居者満足向上 他施設との差別化戦略 付加価値アップ商品研究
      :スミロン 使用済みオムツの臭いや菌を封入
      :おむつ処理パック機、手動式タイプを発売・・・スミロン
      :ジェイ・エム・エス 99%の除去率 排便臭の臭い問題解消 ハイブリッドの脱臭剤採用
      :紀陽除虫菊 塩素剤と比べ2.5倍の酸化力発揮 置くだけで簡単に除菌・脱臭

PRエリア