チャームスイート緑地公園 医療・介護連携、生活リハ実践 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > チャームスイート緑地公園 医療・介護連携、生活リハ実践

チャームスイート緑地公園 医療・介護連携、生活リハ実践

2009年11月24日11時43分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年10月15日号)

 チャーム・ケア・コーポレーション(大阪市)が運営する「チャームスイート緑地公園」は、医療・介護連携や生活リハなどを特色とした介護付有料老人ホーム。平成18年11月に開設し、ホームの激戦エリアながら10ヵ月で満室を達成した。
 施設内に看護師が24時間常駐するとともに、提携関係の内科・歯科クリニックを併設し、医療と介護のスムーズな連携を図っている。
入居者は希望に応じ各クリニックの訪問診療を受けることができる。
協力医療機関は内科・外科・リハビリテーション科など豊富な診療科目を有する東豊中渡辺病院
定期的な健康診断や緊急時の対応をサポートしている。
 介護サービスは生活リハを重視。日常生活の中でADL(日常生活動作)の改善を図れるよう工夫を凝らす。
「楽しく生活してもらうためにアクティビティに力を入れている。ボランティアによるコンサート、各種サークル活動も盛ん。
希望者にはくもん学習療法も行っている」(田中治行施設長)。
 食事は毎食2つのメニューから選択できる仕組み。温冷配膳車を導入することで、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供することがでいる。
 スタッフの教育にも注力。介護技術や認知症などの研修をホームで実施。併設の歯科クリニックによるスタッフ向け口腔ケア研修にも定期的に取り組んでいる。
新人研修については全ホーム合同で行い、会社の理念や介護に対する考え方を初期の段階で教え込む。
居室は128室。広さは19~約21平米。各居室にミニキッチンを完備。浴槽は個浴を13ヵ所、機械浴を1ヵ所設置。食堂・リビングは各フロアに配置。談話コーナーは7ヵ所、1階には喫茶コーナーを設けている。
 料金プランは家賃毎月払い契約と家賃一部前払い契約を用意。毎月払いの場合、入居一時金はなく、月額が23万5000円~。
家賃一部前払いの場合、入居一時金は240万円と480万円の2パターン。月額は前者が19万5000円~、後者が15万5000円~。
 開設後、入居率は半年で約80%を達成。10ヵ月で満室となった。

PRエリア