厚労省 介護の日  全国でイベント 都内でフォーラム開催 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 厚労省 介護の日  全国でイベント 都内でフォーラム開催

厚労省 介護の日  全国でイベント 都内でフォーラム開催

2009年12月15日13時50分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年11月15日号)

 11月11日は、昨年より制定された「介護の日」。
全国各地で、これを記念したイベントが行われた。厚生労働省全国社会福祉協議会(東京都千代田区)は、「介護の日フォーラム」を都内で開催した。

千代田区の東京国際フォーラムで開催されたこのフォーラムには、実母の介護経験を持つことで知られるジャズシンガーの綾戸智恵氏が「福祉・介護をめざす人、働く人へのメッセージー家族の介護をとおして感じたもの」と題して特別講演を行った。
綾戸氏は「母はデイサービスに通っているが、デイサービスがあることで私も唄えるし、ファンの方も楽しめる。介護サービスは社会の皆のためのもの」と語り、介護サービスの重要性を述べた。
 その後は「介護のしごと、そこが知りたい!」と題し、福祉ジャーナリストの田村幸子氏をコーディネーターとしたシンポジウムも行われた。パネリストには、実際に介護の現場で働く人たちが登場し、介護の仕事をはじめたきっかけ、仕事の魅力や大変なところなど、現場の視点から意見を述べた。
 また同時開催イベントとして「介護のコト体験フェア~知って得するプロのワザ~」も行われた。
 「介護の日」は、介護に関する認知度・イメージの向上を目的に「いい日、いい日」にちなんで昨年制定。
しかし、一般国民の間では、11月11日が介護の日であることを知らない人が76.6%もいる(オリックス・リビング調べ)など、その認知度は十分とはいえないのが現実のようだ。

PRエリア