日本福祉教育専門学校 音楽療法士養成 「夜間1年コース」開講  - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 日本福祉教育専門学校 音楽療法士養成 「夜間1年コース」開講 

日本福祉教育専門学校 音楽療法士養成 「夜間1年コース」開講 

2009年12月18日15時21分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年11月15日号)

 日本福祉教育専門学校(東京都豊島区)が来春、音楽療法士養成科の「夜間1年コース」を開講する。
同科は1科目から履修できる画期的なカリキュラムを導入するコース。開講科目が25科目用意する。
 音楽の基礎理論を学ぶ「音楽理論」やコード理論を体系的に学ぶ「和声学」、音楽に関するパソコンの諸技術を習得する「コンピュータ音楽」など。
「ピアノ」や「ギター」といった楽器の音楽療法的使用法を学ぶ科目も設置する。
学生はこの科目から履修したい科目を自由に選択できる。講師は日本臨床心理研究所・所長の松井紀和氏、日本音楽療法認定音楽療法士で評議委員の平野夏子氏ら。
 開講時間は月曜から金曜日。1限目は18時20分からと20時から、それぞれ90分。1科目の受講料は4万円。
 同校では、職場で音楽療法を取り入れたい人向けに「ベーシックプラン」として10科目、理論中心に学ぶ「音大出身者プラン」として7科目、とその受講科目の目安を挙げている。
 日本福祉教育専門学校は、介護福祉士や言語聴覚士、社会福祉士、精神保健福祉士から、社会福祉主事、手話通訳士などの人材養成・資格取得ができる専門学校。
日本リハビリテーション専門学校や臨床福祉専門学校などと同じ敬心グループ

PRエリア