ぽけかる倶楽部 シニア向けユニーク企画 セブンーイレブンにパンフ常設 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > ぽけかる倶楽部 シニア向けユニーク企画 セブンーイレブンにパンフ常設

ぽけかる倶楽部 シニア向けユニーク企画 セブンーイレブンにパンフ常設

2009年12月20日16時35分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2009年11月15日号)

 お手軽日帰りツアーや体験イベントを高齢者向けに企画する、ぽけかる倶楽部(東京都中央区)。
コンビニ最大手・セブンイレブンと提携し、同店舗に今月9月から、同社のパンフレットが置かれるようになったこともあり、同社企画ツアーの参加者がうなぎ登りに増えているという。
”安・近・短”をコンセプトと、「いつかはしてみたいこと」を組み合わせたイベントが受けているようだ。

 現地集合・現地解散

 「現地集合・現地解散」、「お手軽日帰り」、「体験イベント」を売上高にしたツアー会社、ぽけかる倶楽部(東京都中央区)。
同社は、2010年には4000万人に急増するシニア層をターゲットに、ユニークなイベントを企画・実施する。
コンビニエンスストア最大手セブンイレブンと提携関係を締結。今年9月からが同店舗入口などで、ぽけかる倶楽部のイベント案内が常設されるようになったこともあり、「利用者数の伸びが加速している」(営業担当の山本貴之氏)という。
 シニア向けイベントとして提供する分野は「社会見学」、「歴史散策」、「お座敷遊び」、「エンターテイメント」など幅広い。
人気イベント上位は1位から挙げると、「国会見学」、「築地市場お買い物ツアー」、「江戸城大奥徳川家・篤姫をたどる」、「軍港めぐりクルージングと海軍カレー」。
5位からは、「神楽坂たいこもち」、「江戸城ミステリー」、「皇居 一般参観」、「国会見学と法務省旧本館」、「篤姫ゆかりの地歩き(上野)」、「江戸かっぽれ」。
 いずれも誰もが「いつか行ってみたい」と思いそうなものばかり。
「アクティブシニアの方たちからの認知度は高まれば、その分多く参加者が増える。いかにその認知度を高めていくかが今後のカギ」と山本氏は「ぽけかる倶楽部」の知名度向上に向けて意気込む。

会員数約4万人

 現在会員は約4万名。
主に首都圏在住の50歳代以上が中心だ。うち女性が6割以上を占めている。
 ぽけかる倶楽部では集客人数目標に、今年度は8万9000人、2010年度には31万5000人を掲げる。
今年度の売り上げ目標は5億2100万円。
 ぽけかる倶楽部は2007年に設立。近畿日本ツーリスト出身で、温泉情報誌「ゆこゆこ」創刊などに携ってきた鈴木道男氏が代表を務める。

 

 

PRエリア