ケアプランはこまめに見直そう - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

ケアプランはこまめに見直そう

2007年12月06日00時10分

ソーシャルブックマーク

印刷 

null

ケアプランはこまめに見直そう。
高齢になると健康状態や生活能力が日々変化する。加齢による身体機能の衰えや、病気の悪化ということもある。
逆にリハビリテーションなどの成果で身体機能のレベルが向上する場合もあるのだ。
希望にあってないケアプランも見直すことに躊躇してはいけない。
デイサービスの回数が多すぎて疲れてしまうとか、訪問介護が少なかったとか、ケアプランと希望がずれていることに、利用しているうちに気づくことも多い。
最初に決めたケアプランが絶対ではない。本人を観察し、臨機応変に見直すことが大事だ。
要支援1・2の人は、地域包括支援センターの職員等が3ヶ月に1度、要介護の人はケアマネージャーが月に1度は訪問することになるので、その際によく話し合おう。
担当者やケアマネージャーに、何が必要で何が不要なのかをはっきり伝えることを忘れずに。
ケアプラン見直しの7つのチェックポイント
1.目的や目標がどの程度達成できているのか
2.何が原因で目的や目標が達成できたのか、できなかったのか
3.要介護度の維持や軽減に役立っているか
4.過度なサービスや不要なサービスが入っていないか
5.サービスの内容が本人に合っているか
6.他にどのようなサービスが必要なのか
7.サービス事業者の対応はどうか

PRエリア