高齢者・介護 知って得する 豆知識 その114【灰はすぐれもの】 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 高齢者・介護 知って得する 豆知識 その114【灰はすぐれもの】

高齢者・介護 知って得する 豆知識 その114【灰はすぐれもの】

2013年06月26日09時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2013年6月19日号)

洗剤など様々な用途に

自宅の庭でも焚き火もできなくなりつつある昨今、人間の暮らしは「灰」と無縁になりつつありますが、戦中、戦後までは火鉢を使う家は当たり前にあり、炭火を利用したこたつもあるなど、生活の中で灰が毎日のように作られていました。
そして昔の人はこの灰を上手に暮しに利用していました。灰汁を使った山菜のアク抜きなどは今でも耳にしますが、その他にもワカメや鰹節にまぜて長期保存のために使用したり、はがまや鍋にこびりついた汚れを落とすための洗剤に使ったりしていました。
灰の粒子が研磨剤として頑固な汚れを落とすのに役立っていたのです。
こうした知恵は徐々に消え去りつつあります。おばあさんやおじいさんの記憶の中にあるこうした知恵を引き継ぎ、大切に守っていきたいですね。

PRエリア