高齢者・介護 知って得する 豆知識 その115【夏越の祓とは?】 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド
  • Home > 介護ニュース > 高齢者・介護 知って得する 豆知識 その115【夏越の祓とは?】

高齢者・介護 知って得する 豆知識 その115【夏越の祓とは?】

2013年07月03日17時00分

ソーシャルブックマーク

印刷 

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2013年6月26日号)

6月も終わりに近付き、早いもので今年も折り返し地点。
あっという間ですね。昔の人はこの半年の節目に、「夏越の大祓(おおはらい)」を行っていました。
夏越の大祓いとは、この半年間のうちに知らず知らずに付いてしまった罪穢を祓い清め、残り半年を病にかかることなく無事に過ごせるように祈念するものです。
夏は疫病のはやりやすい季節でしたから、疫病にかからぬよう神様に祈るお祭りでもありました。
・各地の夏祭りの多くはこの名残りで、茅でできた「茅の輪」をくぐって無病息災を祈ります。
今でも行われているところはありますが、お年寄りが小さな頃は、紙で作った人形を川に流したり、神社に納めたりしていたようです。罪穢を人形に託して祓い清めるというわけです。
また、折り返し地点だけでなく、大晦日には1年の罪穢を祓い新しい年を清らかな状態で迎えるよう「年越しの祓」も行います。
昔の人は、ちゃんと節目節目を大切にしていました。私達も見習わなければいけませんね。

PRエリア