フォーマルサービスとインフォーマルサービスの違い - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

フォーマルサービスとインフォーマルサービスの違い

2008年06月30日02時03分

ソーシャルブックマーク

印刷 

前回、「使えるインフォーマルサービス」という特集の反響が良かった。そのため、一度、インフォーマルサービスという言葉自体についてしっかりとまとめておくことにする。
インフォーマルサービスを理解するためには、その反対語と一緒に理解すると分かりやすい。介護の世界では、「フォーマルサービス」と「インフォーマルサービス」という2つの考え方がある。それぞれにメリット・デメリットがあるため、比較しながら見ていこう。
・ フォーマルサービス
メリット :サポートの継続性や責任の明確さ
デメリット:画一的なサービス内容であるため、柔軟性に乏しい。
・インフォーマルサービス
要介護者などに近い立場の家族、友人、近隣住民、ボランティアなどの専門家ではない人々による非公式な援助のこと。インフォーマルサポート、などとも言われる。
メリット  :サポート内容・方法の柔軟性や多様性
デメリット:サポートの継続性・責任の所在の不明確さ
このように、国が政策で出来ないことは個人や家族が補おうよ、というのがフォーマルサービスとインフォーマルサービスの2つの概念が存在する意味だ。お互いがお互いに連携を取れる社会でない限り、本当の意味での充実した介護生活を送ることは難しいのだ。

PRエリア